ハードディスクが壊れるとどうなるか?

2018-08-16 14:11:27
ハードディスクは金属の円盤を高速回転させて、データを読み書きします。情報が書き換えられる度にハードディスクはすり減っていき、いずれ寿命を迎えます。ハードディスクに不具合が生じると、正常に起動できなくなったり、頻繁にエラーが起こってまともな作業ができなくなります。最悪の場合、保存したデータがすべて消えてしまうことも考えられます。劣化や故障の度合いによっては、修理専門業者でもデータ復元が困難な場合があります。大切なデータはバックアップを取っておくことが大切ハードディスクが消耗品であることを意識して、普段からデータのバックアップを取っておくことが重要です。カタカタと異音がしたり、起動やアプリケーションのインストール動作が遅くなったと感じたら、ハードディスクの寿命が迫っていることも考えられるので、なるべく早めにバックアップを取ることをおすすめします。バックアップの保存先は、外付けハードディスク、DVD、ネットワーク上の共有フォルダー、USBメモリなど様々です。情報の内容に適した場所を選んでください。
データを読み書きします,共有フォルダー

前の章:ACアダプタの入力部

次の章:ノートパソコンを長持ちさせる対策法