ノートパソコンを長持ちさせる対策法

2018-08-16 14:17:22
衝撃を与えないハードディスクは情報を記録する際、磁気ヘッドという極細の針で高速回転するディスクに情報を刻んでいきます。磁気ヘッドとディスクの隙間は「100万分の1ミリメートル」という、まさにミクロの世界です。ハードディスクのような精密機械にとって、衝撃や振動は大敵です。とくにデータを読み書き中に衝撃が加わるような行為は、絶対にしてはいけません。熱をためないパソコンには熱に弱い部品がたくさん使われていて、熱を多く加えると確実に寿命が短くなります。内部にこもった熱を放出するためのファンがついていますが、パソコンに負荷のかかる作業を長時間行ったり、ファンにホコリがたまっていて十分機能していないと、温度調整が追い付かずトラブルが発生する可能性が高くなります。また、熱を逃がす通気口はノートパソコンの裏面か側面にあるため、布団の上などやわらかい物の上で使うと通気口を塞いでしまい、熱が放出されません。とくに夏場の暑い時期は、パソコン内部に熱がこもりやすくなるため、熱対策を心がけてください。結露に注意する冬場にも注意してほしいことがあります。結露です。寒い外から暖かい部屋に入ったら、メガネがくもることがありますが、それと同じように冷えきったノートパソコンを暖房の効いた暖かい室内に持ち込むと、急激な温度変化によって結露が発生しやすくなります。精密機械にとって、水分が大敵であることは言うまでもありません。寒いところからノートパソコンを持ち込んだ際は、部屋の温度になじむまでしばらく時間をおいてから電源を入れるようにしてください。また、冬場は静電気にも注意が必要です。静電気は電気回路ショートの原因にもなります。ホコリをためないファンや通気口にホコリが溜まると、パソコンの温度調整が上手くできず、パソコン内部に熱がこもってしまいます。また、静電気が発生しやすくなり、ショートや破損につながる恐れがあります。ノートパソコンを長持ちさせるには、こまめな掃除が必須です。ノートパソコンの掃除については、ほかのページで詳しく説明しています。
こまめな掃除が,衝撃を与えない,熱をためない,結露に注意する,ホコリをためない

前の章:ハードディスクが壊れるとどうなるか?

次の章:0X000000A5の修理