iPhoneを速く充電するポイント

2018-08-24 15:17:43
iPhoneを機内モードにして充電する機内モード設定にしたうえで充電すると、速くiPhoneを充電することができます。機内モードにすることで、iPhoneは通信電波に接続しなくなります。そうすることで、バックグラウンドで動いているiPhoneの動作を止めることができバッテリー消費を抑えることができます。iPhoneを少しでも速く充電したい場合は、機内モードにしたうえで充電するようにしましょう。iPhoneの電源をオフにして充電するiPhoneの電源をつけたままだと、その分バッテリーを消費してしまいますので、充電するときはiPhoneの電源をオフにするようにしましょう。そうすることで、少しでも速く充電をすることができます。電源おオフにする場合は、スリープ状態ではなく、スリープボタンを長押しし、完全に電源をオフにしましょう。その代わり充電中の連絡に出ることができなくなってしまいますので、電源をオフにして充電する際は、気を付けてください。パソコンでの充電ではなくコンセントから充電するパソコンで充電をするよりも直接コンセントに電源アダプタを差し込んで充電する方がiPhoneを速く充電することができます。パソコンを経由しての充電よりダイレクトに充電した方が多くの電流が流れるためです。また、直接コンセントから充電する場合は、延長コードのコンセントよりも、壁などのコンセント口に直接差し込んが方が充電は速いです。iPadの充電器で充電するiPadの充電器を持っている方は、iPadの充電器を使っても素早く充電することができます。iPhoneの充電器よりもアダプタが大きいiPadの充電器は、その分充電するパワーも強力です。iPadも使っている方は試してみましょう。
フライトモード,ソケット課金,iPadチャージャー

前の章:iPhoneの充電器の純正のデメリット

次の章:なぜ私はコンピュータの内部をきれいにする必要がありますか?