iPhoneを速く充電するポイント

iPhoneを機内モードにして充電する機内モード設定にしたうえで充電すると、速くiPhoneを充電することができます。機内モードにすることで、iPhoneは通信電波に接続しなくなります。そうすることで、バックグラウンドで動いているiPhoneの動作を止めることができバッテリー消費を抑えることができます。iPhoneを少しでも速く充電したい場合は、機内モードにしたうえで充電するようにしましょう。iPhoneの電源をオフにして充電するiPhoneの電源をつけたままだと、その分バッテリーを消費してしまいますので、充電するときはiPhoneの電源をオフにするようにしましょう。そうすることで、少しでも速く充電をすることができます。電源おオフにする場合は、スリープ状態ではなく、スリープボタンを長押しし、完全に電源をオフにしましょう。その代わり充電中の連絡に出ることができなくなってしまいますので、電源をオフにして充電する際は、気を付けてください。パソコンでの充電ではなくコンセントから充電するパソコンで充電をするよりも直接コンセントに電源アダプタを差し込んで充電する方がiPhoneを速く充電することができます。パソコンを経由しての充電よりダイレクトに充電した方が多くの電流が流れるためです。また、直接コンセントから充電する場合は、延長コードのコンセントよりも、壁などのコンセント口に直接差し込んが方が充電は速いです。iPadの充電器で充電するiPadの充電器を持っている方は、iPadの充電器を使っても素早く充電することができます。iPhoneの充電器よりもアダプタが大きいiPadの充電器は、その分充電するパワーも強力です。iPadも使っている方は試してみましょう。

2018/08/24

iPhoneの充電器の純正のデメリット

値段が高いiPhoneの純正の充電器の最大のデメリットは値段が高いことです。純正と比べると安全性や充電スピードの劣る非正規品の充電器の中には、100円程度で購入することができるケーブルがあります。iPhoneの純正の場合は、「AppleSW USB電源アダプタ」が2200円、Lightningケーブルが、1Mが2200円、2Mが3200円など、電源アダプタとLightningケーブルのセットで、安くて4400円〜(税別)となっています。充電器を新しく購入するだけで5000円近い金額というのは他のスマホなどと比べても非常に高い値段となっています。Lightningケーブルは普通に壊れてしまう充電に必要なLightningケーブルは値段が高いわりに、使っていると普通に壊れてしまいます。ケーブルの中が断線してしまったり、端子近くの部分のケーブルが破れてしまったりなど、高いからといって特別長く持つわけではありません。あまり安いケーブルと耐久性はそこまで大差がありません。扱い方に注意しないと日々使用するなかで、すぐにケーブルが傷んでしまい、買い替えないといけなくなってしまいます。色が1色しかない非正規品の充電器を愛用している人は、純正の充電器と同じ白色ではなく、黒色や赤色、青色などカラフルなものを使っている人も少なくありません。純正の充電器に関しては、白一色しかありませんので、カラフルな充電器を使いたい人からすると、物足りなさを感じてしまいます。iPhoneケースはカラーバリエーションが豊富なのですが、充電器に関しては1色しかないという不思議な状況ではありますが、色を選ぶことはできません。

2018/08/24

iPhoneの充電器の純正のメリット

故障しても無料交換することもできるiPhoneの純正の充電器は故障しても一定の条件を満たしておけば無料で交換することができます。充電器が壊れていたとしても、Apple純正の充電器で製品保証期間内である場合、ケーブルの中の配線が断線していなく、ひどい外傷がない場合などは、Appleが無料で新しい純正充電器に交換してくれる場合があります。Appleスタッフの見方によっても異なる場合がありますが、製品保証期間内でありながら、ひどい故障の仕方でない場合は、AppleStoreへ持って行く価値があります。純正充電器でない場合や、保証期間外である場合は、いかなる理由でも交換することがありません。高い技術で作られているため安全に使用することができるiPhoneの充電器は電源部分もケーブルも高い技術で作られており、安全に長く使っていくことができます。非正規品を使ってしまうと、中には粗悪な製品もあり、それらを使って充電していたことで感電事故や発火事故が起きていたりもします。AppleがiPhone関連製品のために作っている充電器でもありますのでデバイスとの相性も間違いありません。安いからといって純正でない充電器を使ってしまうと、それが原因でiPhoneが故障したり、問題が生じてしまう場合もあります。安全性、iPhoneの寿命を考えても純正を使っていくことの方が良いでしょう。充電を最短時間でおこなうことができる純正の充電器はiPhone関連製品のために作られたこともあり、充電を最短時間でおこなうことができます。非正規品の充電器で充電した場合は、純正の充電器の2倍時間がかかったものもある程です。さらにMFi認証のものよりも純正充電器の方が早く充電することができる測定などもなされていたりし、やはり純正が一番早く充電することができますので、日々のiPhoneの使用にも大きく影響をしてきます。値段が安い充電ケーブルになるほど充電に時間がかかるみたいですので、純正のものを使用するようにしましょう。

2018/08/24

ACアダプタの入力部

電源ケーブルのプラグ形状ACアダプターに対する交流電力の供給は、通常は家庭用商用電源のコンセントから行われる。 コンセントの差込プラグはACアダプタ本体に直接ついているものと、本体からケーブルが延びていてその先端についているものがある。 後者の場合ケーブルの着脱が可能となっているものも多い。ACアダプター本体にコネクタが直接ついているのは小型なものに多いが、隣接するコンセントの穴をふさいでしまうことが多いという問題を抱えており、改善が望まれている。 これは延長コードの利用により解決でき、ごく短い延長コードなども市販されている。 プラグ部分を折りたたんでコンパクトに収納できるものもあり、これは可搬性・収納性・安全性などの見地から見て優れた改良であるといえる。 プラグを上に向けて床に置かれたACアダプタを誤って踏むようなことがあると、プラグ部分が折れ曲がり使用不能になるほか、ひいては足の裏を傷つけるという危険がある。その点、コネクタがケーブルの先についているものは取り回しがはるかに楽である。 比較的大型で重量のあるACアダプターの場合、本体に直接コンセントプラグをつけたとしても、コンセントプラグだけで自重を支えることなど出来ないから、必然的にこのような形態をとることになる。電源ケーブルの着脱が可能なものでは、これを交換することによりプラグ形状の異なる外国での利用に対応することができる。電源ケーブルとACアダプタ本体の接続部分は、日本の場合、数字の「8」の字状の断面を持つめがねコードなどと俗称される二極のコネクタ(IEC 60320/J60320 C7)が用いられる場合が多く、海外メーカーによる製品など、パソコンの電源ケーブルなどにおいても散見される、三極ケーブル(俗称:2P-3P ACコード・ミッキーケーブル IEC 60320/J60320 C5)が用いられる物も多い。ACアダプタの中には、全世界対応と称してAC 100ボルトからAC 240ボルト程度の範囲の入力電圧に対応する製品もある。 日本で販売されているこのような製品の着脱可能なAC側ケーブルには「7A 125V」などの表示がある場合がある。

2018/08/14

本体のACアダプタ

ACアダプターの筐体の形状は一般に箱形である。 黒色あるいは暗灰色のプラスチックで、その表面には定格や安全基準を示すPSEマークや、ULマーク、GSマーク、TÜV、NEMKO、SEMKO、DEMKO、FIMKO、CCC、CSA、VDE、GOST R、そしてBSMIなどが記載され、各国共通仕様のものには複数マークが記載されている。 EMI/RFIのための一般的な証明書マークは、CEマークと、FCCと、C-tick。 これらのマークは、商用電源に接続される電源機器に必須とされるものが各国で有り、品質検査を受けた証として認定されたものにマーク表示が記載されている。 近年ではデザイン性を重視し、明るい色を用いたり直方体とはかけ離れた外見を持つものも多い。 例えば、アップルなどは、本体と統一感のあるデザインのACアダプタを開発している。 一般に、ノートパソコン用など持ち運ばれる機会が多いものに関しては、可搬性・収納性を考慮したデザインがとられる傾向にある。本体の大きさは、ACアダプターの回路構成や出力電力の大きさによって決まる。 一般にシリーズレギュレーターを使用したものであれば、変圧器(トランス)やレギュレータからの発熱を逃がすための措置(ヒートシンク、特に高出力のものではファンなど)が必要となり、重くかさばるものとなる。 これに対して、スイッチングレギュレータを使用したものは回路自体が小型で発熱も少ないためコンパクトである。 また組み合わせる機器によっては、安定化回路を簡略化したり省略したりする事が可能なものもあり、その場合は一層の小型化が可能な場合がある。 また同じ回路構成をとるものであっても、出力電力の大きなものほど部品の大きさが大きくなり、発熱も大きくなる事から、結果として全体の大きさが増す事となる。可搬性(モバイル性)が求められる機器では、ACアダプターもコンパクトであることが好ましい。消費電力の高いノートパソコンなどでは、本体に対して大型のACアダプターが必要な場合があるが、最近では小型で高性能なスイッチングレギュレータにより、ACアダプターの小型化も進んでいる。携帯音楽プレーヤーなどの音響機器では、スイッチングレギュレータが発するノイズによる悪影響を考慮し、シリーズレギュレータを使用したACアダプタを組み合わせるケースが多く、機器本体よりもACアダプターが一回り以上大きいこともある。

2018/08/14
12345